• 大原治雄/著
  • B5版 並製 176ページ
  • ¥3190 (本体価格 ¥2900 + 税)
  • 発売
書評掲載情報
朝日新聞朝刊
BRIGHTZ ピクシスバン S321M S331M メッキリアワイパーアームカバー REA-WIP-008 ピクシス バン S32
重版情報
2刷
NHK日曜美術館「大地が育てた写真 ブラジル移民 大原治雄」で紹介され、大きな反響を呼んでいる感動の写真集です。アートや写真のファン以外にも幅広い読者から共感の声が届いています。

GOSEN(ゴーセン) T1608 ゲームシャツ T1608 【カラー】レッド 【サイズ】S その他

知られざる、ブラジル移民のアマチュア写真家・大原治雄(1909-1999年)。その写真に記憶されているのは、愛おしく宝物のような日々。カメラを手にしてはじめて撮影した、妻の面影—。
2016年、高知県立美術館・伊丹市立美術館・清里フォトアートミュージアムで「大原治雄写真展—ブラジルの光、家族の風景」開催。ブラジル屈指の写真史料アーカイヴズであるモレイラ・サーレス財団に作品が収蔵されている唯一の日本人作家、"Haruo Ohara"。その貴重なモノクロ写真180点を収録した、日本ではじめての写真集。

「大原にとって写真は、人々から彼に向けて預けられた人生に、責任を持って尊厳と美を与える行為にほかならなかった」
―今福龍太(批評家・人類学者)「解説『 瞬間の歴史』を証す人」

前書など

 この写真集は、ブラジル開拓農民の、一つの家族の記録である。「アマチュアの農民写真家」、この表現が適切かどうかわからないが、彼は農業に従事しながら、その合間にブラジルの大地や農民たちを写した。ブラジルで高く評価され、重要な写真家の一人として位置づけられる大原治雄(1909–1999年)。その存在を、私たちはまだほとんど知らない。2008 年、日本人のブラジル移民100 周年の記念の年には、ブラジル・サンパウロで大きな展示が行われ、以後ブラジル国内各地を巡回し、延べ10 万人以上の来場者があったというが、日本で紹介されることはなかった。
 その後、縁あって、展覧会にあわせてブラジルで出版された大原治雄の写真集が送られてきた。ポルトガル語で書かれたテキストは、にわかには読むすべもなかったが、その中にKOCHI(高知)の文字を見つけることができた。149点の写真で構成されるこの写真集は、喜びに満ち溢れ、素朴な豊かさに包まれた、こぼれんばかりの家族と大地への愛が写し撮られていた。その美しい構図と品の良さから、この写真家の知性さえも感じられた。
書道色紙/毛利元就の名言「われ、天下を競望せず」/額付き/受注後直筆品

—影山千夏(高知県立美術館学芸課チーフ/石元泰博フォトセンター)「『記録』と『記憶』—大原治雄のアルバムに思う」より

版元からひとこと

正誤表
キャプションの記載内容に誤りがございましたので、以下に訂正させていただきます。

54頁・上
誤)移動写真屋:師のジョゼ・ジュリアーニ〜
正)移動写真師のジョゼ・ジュリアーニ〜

54頁・下
誤)森の風景のなかの大釜シチゾウ神父〜
正)森の風景のなかの大釜シチゾウ氏~

T-SELECTIONS 4本巻ウォッチワインダー T-005105 / おしゃれ レディース メンズ 男性 女性 ギフト プレゼント 長持ち 可愛い
誤)シリーズ形と形象
ご当地ラーメン『一久のお土産ラーメン 8食 餃子2食セット』【北海道・沖縄へのお届けはできません】

水マス 3565-15 1.5L 18-10 デバイヤー
創健社 お湯かけ麺 シーフードしおラーメン 73g×20個 JAN:4901735022427
全国官公界名鑑 1998年 /同盟通信社 (単行本) 中古

146頁
誤)治雄の友人・大釜シチゾウ神父〜
正)治雄の友人・大釜シチゾウ氏〜

[オンヨネ] レインウェア DIGGER PANTS メンズ (オレンジ L)

「記録」と「記憶」—大原治雄のアルバムに思う 影山千夏
モレイラ・サーレス財団における大原治雄の写真作品 セルジオ・ブルジ
1. 移住地
2. コンポジション
ich-12 積層泥彩 白茶碗 文部大臣奨励賞受賞作家 荒川 明作 木箱付き
4. 家族
解説 「瞬間の歴史」を証す人 今福龍太
年譜

著者紹介

大原 治雄(オオハラ ハルオ)
大原治雄 Haruo Ohara 1909年11月、高知県吾川郡三瀬村(現・いの町)に農家の長男として生まれる。 1927年、17歳で家族と移民としてブラジルに渡り、はじめサンパウロ州のコーヒー農園で働いた後、1933年、パラナ州ロンドリーナへの最初の開拓団として入植。1938年に小型カメラを手に入れ、コーヒーや果樹栽培の農作業の合間に趣味で撮影をはじめる。独自に研究を重ねながら技術を習得し、次第にカメラに没頭。1951年にはロンドリーナ市街地に生活を移し、「フォトシネクラブ・バンデイランチ」(サンパウロ)に入会。農業経営の一方、60年代後半まで国内外のサロンに積極的に参加。当時は無名のアマチュア写真家だったが、1970年代はじめから徐々に知られるようになり、地元新聞などで紹介される。 1998年、「ロンドリーナ国際フェスティバル」および「第2回クリチバ市国際写真ビエンナーレ」で、初の個展「Olhares(眼差し)」展が開催され、大きな反響を呼ぶ。1999年5月、家族に見守られながらロンドリーナで永眠。享年89。 2008年、日本人ブラジル移民100周年の機会に、遺族により写真と資料の一式が、ブラジル屈指の写真史料アーカイヴズであるモレイラ・サーレス財団に寄贈された。